発明のパイオニア

発明のパイオニア 創造力を発揮してお客様に評価される製品を提供する 過去に50以上の特許を所得した独自のノウハウで不可能を可能に致します。 商品開発から精密加工までお気軽にご相談下さい。

國光天命亀

  1. 國光天命亀

    國光天命亀

    幸運を呼ぶラッキーアイテム

    縁起物・金運・幸運を運ぶ亀

    亀は万年、「企業、家」が永遠に存続すると言われています。
    亀は宝物を運んでくるという説があります。
    球体で光り輝いているものは宇宙からのエネルギーを吸収するという学者の説もあります。
    球体は世の中のあらゆる情報をいち早く収集する力があると言われております。
    三角、四角は止まりがありますが、円や球体は永遠に回り続ける力を持っています。
    企業・家などに光り輝くものを置くと企業、家全体のあらゆる物が、光り輝いてくると言われています。
    人間の心はこの世に生まれたときは丸、名前が付いて成長しながら三角・四角となり、最後には角が取れて丸くなります。天命亀の甲羅は、人間の心を表し、映し出しています。
    國光天命亀でO-リングテスト(オウリングテスト)をしたところ、非常に強いパワーを持っていることがすでに実証されております。
    この國光天命亀に「○○家  ○○亀」と名前を付けて下さい。 そうすることによって、きっとこの天命亀はあなたの財産や家宝となり幸運をもたらしてくれることでしょう。

    不思議なヒラメキ

    それは、本当に不思議なできごととしか言いようのないことでした。突然、従業員の幸せのために、円い亀を作ろうという考えが、頭にひらめいたのです。
    私の会社は、私を含め、10名程度の小さい会社です。私は、いろいろなアイデア商品を開発し、世の中の役に立ちたいとの思いから、国を光り輝かせるという意味を込めて、会社の名前を「国光精機」としました。社会に役立つという思いは、当然のことながら、従業員を幸せにする気持ちにもつながります。
    今回、従業員の幸せのために亀を作ることがひらめいてから、私は、従業員に「亀」を作ると宣言しました。そして、頭の中に浮かんでくる設計図を機械に打ち込み、加工を始めると、みんなが心配そうに覗き込みます。機械加工では、設計図を元に機械のプログラミングを行うのが当然のことですから。
    私は、ただ、頭に浮かんでくる設計図をひたすら機会にプログラミングし、加工をしていきました。亀の、頭、胴体、足、尻尾と各部分の加工を終わり、組み立てをしたとき、「おーっ!」と驚きの声があがりました。

    丸い亀の意味

    私はなぜ、円い亀を作ろうとひらめいたのかを考えてみました。
    円い形は、完全という意味をあらわし、また、周りに良い波動をだします。人格がよい人のことを、「あの人は人間が円い」「円満」などと表現します。以前から、私が円いものが好きだったのは、そういったこともあるのでしょう。
    そして、亀が長寿をあらわす動物であることは、周知のことです。さらに、銭亀という言葉があることをご存知でしょうか?亀の種類に「銭亀」というのはないのです。亀には金運を招くという言い伝えがあって、それが「銭亀」という言葉になったのではないでしょうか。
    私は、従業員に対する私の想いと、亀にまつわる話を従業員に伝え、この亀を事務所に飾りました。

    亀の名前

    このようにして、事務所に飾られた亀は、私たちの仕事振りを見つめ、応援してくれているようです。私は、この亀に名前をつけたいと思うようになりました。
    ところが、これが非常に難しい問題でした。単純に「長寿亀」とか「長命亀」や「銭亀」では、私の想いを伝えてくれません。もっといい名前があるように思えたのです。私の悩みは続きました。そして、やはりひらめきが教えてくれたのです。
    “ひらめきで作ることになったということは、天が作るように仕向けられたということではないか。つまり、これが「天命」ということだから、亀の名前は「天命亀」がいいと“天の命を実現する亀、すなわち「天命亀」はぴったりの名前だと確信しました。

    天命亀の使命

    この「天命亀」は、私たちの会社にこられるお客様の目にとまり、縁起がいいから作って欲しいと要望されるようになりました。私は、もともと売るつもりで作ったものではありませんし、設計図もない状態で作ったことでもあり、お断りしていました。
    しかし、皆さんに喜ばれるものを提供するということは、私の使命でもあり、また、この「天命亀」の使命でもあると考え直し、ご要望のある方にたいしてお作りすることにいたしました。
    もちろん、図面は、出来上がったものの寸法を測り、新たに作りました。大きさについても、ご希望にお答えできるように数種類の「天命亀」を用意しました。



    幸運を呼ぶ亀のはじまり

    野球を始めたばかりの息子にトス用のバッティングマシーンを買ってやりたいと言うお客さまが見えられました。初めはバッティングマシーンの話をしていたのですが、事務所に飾ってある幸福を呼ぶ亀・國光天命亀(まだこのときは名前が付いていませんでした。)が、お客さまの目に留まり興味を持たれました。そこでこの亀を作ったイキサツや銭亀は金運を招き人を幸福にしてくれるという言い伝えがあること・球についての私の思いなどを話ました。一通り話し終わるとお客さまが「この亀を売って欲しい。」と言ったのです。
    このときはまだ國光天命亀は売りものはなかったのですが、今回のお客様のような人がいるかと思うと嬉しくなりました。そしてお客様はバッティングマシーンと國光天命亀を買っていったのです。
    その後も事務所を訪れたお客様からも「縁起がいいから作って欲しいと要望されるようになりました。

    800人の人に擦られた。

    仕事で、落語家の柳亭痴楽(りゅうていちらく)氏のところへ幸運を呼ぶ亀を持って行きました。その会場で幸福を呼ぶ亀の甲羅がなぜ「球体」になったのか、作るまでの過程などを話して行きました。その後、会場の一角に幸運を呼ぶ亀が入った箱を置くと、来場のお客さま方が次々に擦り始めたのです。そして、神社の賽銭箱(さいせんばこ)のようにお金を入れて行くのです。その数800人!!このことで私の幸運を呼ぶ亀に対する不思議な力(パワー)をより深く感じたのです。集まったお賽銭(おさいせん))は会場運営に力を注いでくれたアルバイトの人たちに渡しました。
    今回のことでこの亀の形を形成する「球体」には不思議な力があると言うことがまた1つ証明されたのです。

    料理の鉄人・太田忠道氏のプレゼントに!

    バッティングマシーンを買いに来られたお客様が今度、「テレビ番組『料理の鉄人』でも有名な太田忠道氏の受賞を祝う会があり、その席での祝いの品を探しているがなかなか決まらない。」と言うのです。話を聞くと、受賞を祝う会は出席者数は200人以上でマスコミも来るというのです。さすがに有名人になるとすごいものだと感心しながら聞いていました。そこで幸運を呼ぶ亀の話をすることにしました。縁起物(えんぎもの)とは神仏や神話をなぞって作られたものをいいます。亀は古来より縁起がいいものとして知られています。そして、球体には不思議な力(パワー)があります。私は自信を持ってお客様に幸運を呼ぶ亀を勧めました。その結果お客様には、太田忠道氏への祝いの品として幸運を呼ぶ亀を購入して頂けることになりました。

    上一宮大粟神社(かみいちのみやおおあわ)に奉納


    上一宮大粟神社は大宜都比売命(オオゲツヒメ)を祭る最古の神社です。古事記にも登場する食物の神様です。しかし、上一宮大粟神社がある神山町の人口は7,000人ほどしかなく、年とともに過疎化が進んでいるのが現状です。
    上一宮大粟神社ではボランティアの集まりにより千本の幟(のぼり)を立てて、全国から参拝客に来てもらう活動を始めています。
    勾玉・幸福を呼ぶ亀が奉納されています。

    國光天命亀

    ご要望のある方に対して、お作りいたします。 ピカピカの総ステンレス製で受注生産。 『O-240サイズ』が一番人気です。 新築祝いやお友達にもご紹介ください。

    サイズ(甲羅の大きさ) 重量(㎏) 価格
    O-240 (直径24cm) 31kg ¥1,200,000
    O-200 (直径20cm) 17kg ¥900,000
    O-150 (直径15cm) 6kg ¥540,000
    O-90 (直径9cm) 1kg ¥270,000
    O-60 (直径6cm) 0.5kg \210,000

    販売元

    株式会社イシダ
    徳島県徳島市南島田町3丁目8番地の6 2F
    TEL 088-631-7271
    FAX 088-631-7301

    製造元

    株式会社國光精機
    徳島県徳島市南島田町3丁目8番地の6 1F
    TEL 088-631-7317
    FAX 088-631-4569